ウォーレン・バフェットによろしく > ウォーレン・バフェットの名言




sponsored link



ウォーレン・バフェットの名言(偉大な投資家達に学ぼう)

ウォーレン・バフェット」(1930〜)

世界最大の投資持株会社バークシャー・ハサウェイの会長&CEOを務める、

アメリカの株式投資家&経営者。

投資哲学や慈善事業に積極的なところなど、世界中の人から愛されており、

敬愛のの念を込めて「オマハの賢人」と呼ばれる。

関連書籍一覧(提供:楽天)を見る→

1/

■ sponsored link



■ ウォーレン・バフェットの4つの投資基準

  • 1、事業の内容が理解できること。
  • 2、長期的に業績が良いことが予想されること。
  • 3、経営者に能力があること。
  • 4、魅力的な価格であること。



普通の企業を格安で買うよりも、

優れた企業を相応の価格で購入すべきだ。




株式投資の極意とは、

いい銘柄を見つけて、いいタイミングで買い、

いい会社である限りそれを持ち続けること。

これに尽きます。




時代遅れになる原則は、

そもそも原則ではありません。


(バリュー投資について)




買うのは企業、

株ではありません。




株式市場は、

短期的には人気投票の場にほかなりません。

しかし長期的には、

企業の真の価値を計る計算機の役目を果たしてくれるのです。




株価の変動に着目して値幅取りをするつもりはありません。

仮に株式を購入した翌日に市場が閉鎖され、

その5年間取引が行われない事態になっても、

私はいっこうにかまいません。




郵便が3週間遅れて届くような田舎に住んでいたほうが、

優れた運用成績を残せるかもしれません。




証券会社のレポートは読みません。

床屋に行って『散髪したほうがいいかな』と聞くようなものです。




売上高が1000万ドルで利益率が15%の会社Aがあり、

売上高が1億ドルで利益率が5%の会社Bがあるとします。

私なら、Aをとります。




偉大な企業とは、

今後25年から30年、

偉大であり続ける企業のことです。




10年間市場が閉ざされても、

持っていて幸せだと思えるものしか、

買ってはならない。




バークシャーが買いを入れるのは、

他の投資家がレミングのごとく、

一斉に売りに傾くときです。




年間のROEが15%以上ある限り、

四半期の業績を見て、

うろたえる必要はありません。




ウォール街は、

地下鉄に乗って通勤する人間からアドバイスを得るために、

ロールスロイスに乗った人間がやってくる唯一の場所だ。




調査しなければならないことが、

あまりにたくさんある場合は、

どこかがおかしい。



1/

■ 投資家の名言

記事検索

収録記事を
五十音で検索できます。